あらゆる状況でも使える、シンプルで実際に使える英語表現をご紹介いたします

2017/12/11

「仕事で伝えることを考えながら、今から自分が言う英語を考える」
という二つの作業を同時に頭の中で瞬時にしながら
言いたいことが自由に話せるでしょうか。
 
もちろん、伝える内容に熟知していたり、いつも同じ内容を伝えていて慣れていたり
ということであればあまり問題はなくできるかもしれません。
 
しかし、「言葉は想定外の連続」です。
全く初めてのことを即興で話したり、複雑なこと、抽象的なことを伝えようとすると
「あ~・・・、ん~・・・」と、英語が出てくるまでに時間がかかったり
何度も言い直したり、結局、思うことが満足に伝えられず
思ったのとは違うことや、仕方なく言いたいことの10分の1ぐらいの内容で妥協してしまうこともあるかもしれません。
 
もし、直接面と向かって話してもそのうよなことがあれば
電話のときは尚のこと、相手の表情もわからず、声も聴きとりにくくなり
さらに、仕事のことを伝えながら英語で言いたいことを自由に話すのは
難しくなると思います。
 
しかし、なぜとっさに英語が出てこなかったり、日本語だと無意識に話せることが
英語だと言いたいことが自分の言葉で話せなくなってしまうのでしょうか。
 
それは、「考えてしまうから」です。
 
英語で会話をするとき、「頭の中のスーパーコンピューターが
超高速で和英・英和の翻訳をしている」ということはないでしょうか。
 
その瞬時の翻訳は、うまく行っているときは英語ができていると感じますが
処理能力を超えたスピードや内容や、全くの予想外のことになると
何もわからなくなってしまいます。
 
つまり、仕事をしながらでも問題なく英語で話せるようにするためには
考えないで話せるようになればいいのです。
 
しかし、「そんなことはわかっているし
それができれば誰も苦労しない!
その方法がわかればとっくにやっている!」
と思う方も多いのではないかと思います。
 
ドルフィン イングリッシュ・スクールでは
「考えないで話せるようになるための法則」を提供しています。
 
今から話すことを超高速で翻訳するのではなく
感じたときには既にその英語が出ていて
後から、「そういえば自分、今の英語で言えてたな」と思えるようになる、
或いは、そんなことすらも思わなくなり、日本語とか英語とかの意識もまったくなく
ただ、言いたいことが英語で話せているようになる、
これを「英会話」と考えています。
 
 
詳しくはこちらからご覧ください ↓
「実際に使える英語」

MENU

Dolphin English School

0422-24-8848

東京都三鷹市下連雀 3-40-7
エルミタージュ下連雀1F

10:00~21:00

お問い合わせ

PAGE TOP