オリジナルの法則によるレッスン

英語は勉強ではありません。
また、英語はいつから始めても身につきます。

ドルフィン イングリッシュ・スクールでは
実際に使える英語がネイティブのような発音で
自分の言葉で話せるよう
オリジナルの法則をご紹介しております。

「法則による英語」のメリット★

リピート練習した英文しか話せない → 初めて話す内容も自分の言葉で即興で話せる

暗記や練習の量をこなさないと話せない → 本質の理解により自然に英語が浮かぶ

突然、外国人に話しかけられると真っ白になり何も話せない 無意識で英語が出てくる

など、他にも様々なメリットがあります。

レッスンでは、ただやみくもに会話をするというのではなく、
まずはニーズについてお聞きした上で、発音・文法を中心に
自分の言葉でネイティブのような発音で話せるようになるための土台」を
構築していきます。

法則により会話をするための土台が磐石になれば、
まるで日本語を話すのと同じような感覚で、ネイティブに間違われる英会話力が可能になり、
商談・ネイティブ同士の会話・ニュースや映画などの英語の内容も自然に入ってくるようになります。

また、このような高度な英語力が身につけば、コミュニケーションの幅が広がるのはもちろんのこと、ビジネスにおいて信頼される英語力になるので、昇進・海外赴任・インバウンド事業の強化・事業の海外展開など、様々な可能性が広がります。

是非、法則の英語により、あらゆることが自分の言葉でネイティブのような発音で話せるようになり、将来をご自身の力でさらに切り開けるようになっていただければと思います。




 

大人にとって自然な法則の英語

このようなことを聞いたことはないでしょうか。
「お仕事の都合で家族で海外赴任をした際、子どもは1年も過ぎると現地の言葉が
ネイティブのように話せるようになったのに、大人はそこまでにはならず任期を終え帰国」

実は、これには臨界期というものが考えられます。
小さい子どもはピアノでもテニスでもバレエでも空手でも、そして英語でも、
理屈抜きに見よう見まねでトライしながら身につきやすいですが、
臨界期と呼ばれる中学生ぐらいの時期を境に、「何でそうなるのか」という理由・理屈がわからなければ、
吸収し自分のものにするのは難しくなってしまいます。

とすると、例えば、「英会話をするのに英文法なんて必要ない!」「聴いているうちに
英語ができるようになった!」というのは、臨界期後、特に大人にはもしかしたら
万人には当てはまりづらいかもしれません。

ということで、ドルフィンイングリッシュ・スクールでは、
「臨界期後の大人の方々には、理由・理屈をわかりやすく説明した方が英語は吸収・習得しやすい」と考え、
発音・文法・スピーキングにある「法則」をお伝えしています。

「小さい頃から始めていないと自然な英語は身につかない」とよく言われることがありますが、
それでは大人から英語を身につけたいという人にとっては希望が湧きません。

そうではなく、「大人になってから英語を始めてもネイティブのような英会話力は身につく!」
と希望と意欲を持って法則の英語を積み上げていただければと思います。




 

MENU

Dolphin English School

0422-24-8848

東京都三鷹市下連雀 3-40-7
エルミタージュ下連雀1F

10:00~21:00

お問い合わせ

PAGE TOP