実際に使える英語がしっかり積み上がるよう、ドルフィンでは以下のことを大切にしています

言いたいことが自然に英語で組み立てられるスピーキング

例えば、テキストやレッスンで、「道案内」や「旅行」など、その場面でよく使われる会話のパターンは何度も練習したのに、実際にその場になったら相手の予想外の返答や発音や話すスピードについていけず、練習した英語が出てこなかった、というような経験をしたことはありませんか。

会話は想定外の連続です。もちろん、ある特定の場面にはそれぞれよく使われる会話のパターンはありますが、必ずしもパターン通りに会話が進むわけではないので、実際には、予想外のことも理解し自分の言葉で対応できる英語力は必要だと思います。

しかし、そのような突然の状況で切り返そうとすると、「えっと、これを英語にすると・・・、次にくる言葉は・・・」と、頭の中で訳や語順を考え、英語が出てくるまでに時間がかかってしまうことがあります。
しかしそれではスムーズに会話も進まず、思うように話せない自分自身にストレスを感じてしまうかもしれません。

ではスピーキングはどうすれば上達するのでしょうか。ただひたすらたくさん話すしかないのでしょうか。

たくさん話すといっても、スピーキング能力を上げるぐらいにまで話すとなると、英語を使う時間や環境が限られ、日本語に囲まれた生活の中では限界があります。

そのようなときはもちろん一人でたくさん話してみるということもできますが、それでは会話相手の反応がわからないので、自分がちゃんと伝わる英語を話をしているかどうかも確認しにくいです。 また、一人だと、相手との会話のキャッチボールもないので、無意識のうちに時間をかけて考え自分のペースで話してしまうと、あまり効果的な練習にならないかもしれません。

スピーキングにも実は「方法」があります。スピーキング上達のためのポイントがわからないままただ量を話すのではなく、方法を体得し話していくことにより、 言いたいことが自然に組み立てられるようになり、予想外の状況や初めて話すことでも自分の言葉で自然に英語が出てくるようになります。

このように、ドルフィン イングリッシュ・スクールでは、スピーキングにおいても、方法を紹介しています。

 

ネイティヴ・スピーカーのような発音

「カタカナみたいな英語ではなく、ネイティブ・スピーカーみたいな発音で英語が話せるようになりたい!」と思ったことはありませんか。

しかし、「どうしてそのような発音になるのか」がよくわからないまま、先生の言う通りただ発音をしたり、シャワーのように英語を聴き続けるだけでは、どうやったらそのように発音できるかがわからないかもしれません。また、練習した発音ができるようになったとしても、同じ法則を使った他の言葉が発音できるかどうかはわかりません。

ですからドルフィンでは、発音の法則をわかりやすく具体的に紹介していきます。法則がわかれば、「どうしてそのような発音になるのか」が理解できるので、発音のポイントを考えながら練習できますし、同じ法則を使った他の言葉も発音することができるようになります。

ところで、ネイティブ・スピーカーのような発音だったら、英語が母国語の先生に習ったり、オンライン英会話の方がいいのではないかと思うかもしれません。

確かに、小さいお子さんがネイティブ・スピーカーの先生の英語を自然に吸収しながら楽しんでいる姿はとても微笑ましいですし、オンライン英会話では自宅にいながら手軽に英語に触れることができます。

しかし、ある程度の年齢になってくると、理由や成り立ちがしっかり理解できなければ発音が身につくのも難しくなってくるかもしれません。そのようなときは日本人講師により「どうしてそのような発音になるのか」「どうすればそのような発音ができるようになるのか」をじっくり理解し落とし込んでいくことも非常に効果的だと思います。

母国語として教わることなく自然に英語の発音が身についたのではなく、外国語として英語の発音を積み上げてきた日本人講師は、発音について考えたり練習したりというように客観的に捉えなければならないこともあるので、発音の仕方や難しい発音など、日本人にとっての発音のポイントを自分自身の経験により認識しています。
例えば日本人が英語を聴いたとき、「言っていないような音」や「重なっているような音」のように聴こえることがありますが、それらも実際に考え練習し発音できるようになった日本人講師であれば、そこにある法則・方法を、細かいところまでわかりやすく日本語で説明することができます。

もちろんネイティブ・スピーカーにも、そのような説明ができる先生もいると思いますが、その説明自体が英語だったら理解するのも難しいかもしれません。また、細かいニュアンスまで理解するとなると、やはり日本語の方が理解しやすいかもしれません。

さらには、発音を地道に積み上げてきた日本人講師だからこそ、うまく発音できないときに感じる難しさやストレスなどの「気持ちの面」も、自らの経験により生徒さんの立場になって共感したり具体的にアドバイスをすることもできます。

このようにドルフィンでは、法則を紹介するだけでなく気持ちの面も考え、初めての単語や表現でも ネイティブ・スピーカーのような発音できるよう積み上げていきます。

 

話せる発音は聴ける発音

「リスニングができるようになればいいから、発音は別にそのままでもいい」と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、ドルフィン イングリッシュ・スクールではリスニングのためにもスピーキングのためにも発音を重視しています。

というのも、自分の話している声は自分の耳でも聴いているので、ネイティブ・スピーカーのような発音で話せれば、それだけリスニングの機会も増えるからです。

そして、機会が増えるだけでなく発音での気をつけるべきポイントも意識しやすくなるので、今までは意識しなかったことによりまったく聴きとれなかった音も耳に入ってくるようになり、その意識はスピーキングのときにも働くようになり、スピーキング力も変えていきます。

このように、発音を改善することによりリスニングも変わり、そうすればスピーキングも変わり、両者は好循環を起こしどんどん上がり続けていきます。

すると今度はカタカナのように英語を読むのが大変に感じるぐらいネイティブ・スピーカーのような発音が自然になり、無意識で英語が聴けたり話せたりするようになっていきます。

さらにこのような好循環は、忙しくて英語を勉強する時間があまり取れない人にとっても非常に有効です。今まではリスニングやスピーキングに費やす時間がそれぞれ別々だったものが、発音の向上によりお互いが相乗効果を生み、限られた時間で効率も効果も飛躍的に上がるからです。

ですからドルフィン イングリッシュ・スクールでは、ただ英語の音源を聴きリピート練習して発音に慣れていくというのではなく、発音の法則を具体的にわかりやすく紹介していき、発音・リスニング・スピーキングを同時に高めていきます。

 

生きた英文法

「英文法」と聞いただけで「嫌い」「難しい」と思う方も多いかもしれません。

また、「英語圏の子供は文法なんて知らなくてもみんな普通に英語が話せる。だから英語を身につけるのに英文法なんて必要ない!」という意見もよく聞きます。

あるいは、日本では中高6年間も英文法を勉強しているのに、英語が話せないということもよく聞きます。

するとやはり、英文法は必要ないのでしょうか。

しかしドルフィン イングリッシュ・スクールでは、それでも、英語を身につけるには英文法は大切だと考えています。

また特に、ある程度成長してから英語を始めた生徒さんにとっては、英文法はむしろ英語の理解を深めてくれるとても役に立つものだと感じています。

英文法が嫌いだったり必要ないと感じるのは、説明がわかりにくくつまらなかったり、理解できてもそれで実際に英語が話せるような気がしないからではないでしょうか。

つまり、「英文法そのもの」が必要ないわけではなく、 英文法がいつの間にか「試験のための勉強」のように扱われ、数学や難しいパズルのように解く、本来の英語とはかけ離れた別物のようなものになっているところに問題があると思うのです。

下線を引いたり○や四角で囲み、矢印を引っ張って後ろから前に戻って訳したり、形や決まりを機械的に覚るようなアプローチでは、とっさの場面で実際に英語が出てこなかったり、試験でも応用問題や長文やリスニングなどで必死に覚えたことが頭に浮かんでこなかったりします。

もし実際に使えないのであれば、よく言われる意見と同じように「英文法なんて必要ない」と思います。

しかしそうではなく、もし英文法が「覚えようとしなくてもわかりやすくその本質を理解でき、会話でも試験でも実際に使えるようなもの」だったとしたら、それは本当に必要で役に立つものだと思うのです。

ドルフィン イングリッシュ・スクールでは、そのような英文法を「生きた英文法」と呼び、会話でも試験でも実際に英語力が発揮できるよう紹介しています。

ところで先程、「特に、ある程度成長してから英語を始めた生徒さんにとっては、英文法はとても役に立つ」というような言葉がありましたが、それは具体的にどういうことでしょうか。

 

成り立ちから考えられる英単語

英単語を覚えるとき、丸暗記をしたり語呂合わせをしたり何十回も書いて覚えたりと、一生懸命根性で暗記しようとして、とても苦痛に感じたり途中で挫折してしまったことはないでしょうか。

それでもある程度覚えられれば結果としてはまだいいのかもしれませんが、「そのときは一生懸命覚えたのに、その後すぐ忘れてしまった」ということになってしまっていたとしたら、せっかくの努力も非常にもったいないです。

それでも単語はやはり根性で覚えるしかないのでしょうか。

ところでここで少し、英単語ではなく「漢字」について考えてみてください。例えばある漢字に「さんずい」があれば、「たぶん『水』に関係がある漢字かな」と考えたり、一部に「交」とあるのを見つけたら、「たぶん『コウ』って読むのかも」というように、「漢字の成り立ちの一部」から意味や読みを考えることができると思います。

このようにして漢字は、丸ごと覚えていくのではなく、成り立ちを考えることにより、新しいものでも類推しながら考えられるものがたくさんあり、そうすれば新しい漢字もさらに効率的に増やしていくことができます。
では英単語についても、同じように「単語の成り立ちの一部」から意味や発音を考えられるようになれば、たくさんの英単語も覚えやすくなると思いませんか。

実は英単語も、そのまま丸暗記するのではなく、一つの単語を分解してそれぞれの部分から意味や発音がわかるようなものがたくさんあります。

そして、それぞれの部分の意味や発音がわかれば、丸暗記ではなく、初めて見た英単語でも意味や発音が自然にどんどん頭に浮かんでくるようになってきます。

英会話でも試験の英語でも、知らない単語はたくさん出てきます。

しかし、そのような単語に対し、類推できずわからないままだったら、会話でも試験でもそこで思考が止まってしまい、その後の内容がまったくわからなくなってしまうかもしれませんし、新しい単語が出てくるたびに一つ一つ覚えていかなければなりません。

もちろん知らない単語が出てきても、前後の内容からその単語をある程度類推することもできますが、前後の文脈があまりない場合は難しいです。
しかし、単語レベルでの類推もできれば、後からその部分に戻って考えなおさなくても、出てきたときにさらに正確な理解が可能になります。

すべての英単語を覚えるのは不可能に近いですし、英語が思うように使えるようになるという目的を考えた場合、そこまでは必要ないかもしれません。
それよりも、知らない単語でも考えられるようになる能力の方が、実際に使える英語のためにはまずは最優先で必要だと思うのです。

ですからドルフィン イングリッシュ・スクールでは、英単語の一部の意味や発音を紹介し、新しい単語でも成り立ちから類推できる力を大切に考えています。
 

間違いを恐れない英語

英語で何かを話そうとしたときに、「正しい英語で言うにはどうすればいいんだろう」「間違った英語になっちゃったらどうしよう」「正しい英文でないと恥ずかしい」「間違ったら恥ずかしい」というように、正しいか間違いかが気になってしまい、なかなか英語がスムーズに出てこなかったという経験をしたことはないでしょうか。

正しい文で英語が話せたら確かにそれが一番だとは思います。ただ、正しい表現を意識しすぎてしまい、緊張したり躊躇したりおじけづいてしまい、話すことさえ諦めてしまったとしたら、正しいか正しくないかの前に、言いたいことが一つも言えずに終わってしまいます。

正しい英語は確かに大切だとは思います。ただ、英語はもちろん人と人が話す「言葉」です。特に英語を始めて間もない方にとっては、「正しさ」よりも、「自分のことが伝えられ、相手のことが理解でき、コミュニケーションを楽しむ」ということがもっと優先されてもいいのではないかと思うのです。

正しさは後からついてきます。しっかりと基礎力を積み上げていけば、いつの間にか話しながら自分で自分の英語を修正できるようになっていくからです。それに、間違っていてもいいから伝えたいことをどんどん英語で話していくうちに、正しさよりも話せることへの楽しさの方が上回り、自分で自分の英語を修正することも楽しくなり、結果的にその方が正しい表現への近道になります。

ですからドルフィン イングリッシュ・スクールでは、最初の段階から正しい文やフルセンテンスにこだわるよりも、間違っても語順が違ってもいいので、まずは話したいことが英語で楽しんで話せるようにしています。

実際に英語を使う場面では、知識や方法などの技術面だけでなく、緊張したり躊躇したりというような、気持ちの面もとても大きく関わってきます。ということで、技術面と気持ちの面の両面からのアプローチにより英語が身につくようにしていきます。
 

できること・できたことを評価するレッスン

ドルフィン イングリッシュ・スクールでは、「できないこと・できなかったこと」よりも、「できること・できたこと」の評価を大切に考えています。

「できないこと・できなかったこと」ばかり指摘されると自信がなくなり委縮してしまうかもしれませんが、「できること・できたこと」が評価されれば、嬉しくなり意欲も自信もさらに高くなっていくと思います。

しかしそれだけではありません。

「できること・できたこと」が評価されることにより、「自分のどこができたのか」がしっかりわかるようになります。そうすると逆に、「自分のどこができていないのか」についても前向きに考えることができるようになり、向上心も高まります。

一方、もし何でもかんでもただ褒められるだけだったとしたら、「本当かなあ?」と思ってしまうだけでなく、「自分のどこができてどこができないのか」もわかりません。

大切なのは、しっかり評価されることにより、自分で自分の位置を知ることができ、もっとできるようになるためにはどうすればいいかが自分で意欲的に考えられるようになることだと思うのです。

「できること・できたこと」はさらにできるようになり、「できないこと・できなかったこと」も自分で克服でき、自分で考えられることにより、英語力は飛躍的に上がっていくと確信しています。

自分で考えられる英語

ドルフィン イングリッシュ・スクールでは、「自分で考えられる英語」というものを大切に考えています。

しかし、それには今までお話ししてきた各項目の要素をバランスよくできることが必要になってきます。

まず、会話は想定外の連続なので、よくある場面での会話例を聴いて練習し、真面目に勉強してそれが言えるようになっても、いつもその通りに会話が進むわけではありません。

ですから思いもしないようなことを言われたりしたときも、しっかり理解し、もちろん即興で受け応えができる英語力が必要です。

そして、想定外のことでも即興で応えられるようにするためには、生きた英文法により無意識に英文を組み立て、成り立ちから理解できた英単語も使い、覚えたセリフではない「自分の言葉」としての英語がネイティブ・スピーカーのようにスムーズな発音で出てこなければなりません。

さらには、「間違いを恐れない英語」のところでもお話したように、気持ちの面でも、どんどん自分の英語を話し続けていく力強さもとても大事な要素です。

このように、自分で考えられる英語は、多くの要素がバランスよくスムーズにできることにより確立されていきます。

そして、自分で考えられる英語が完全に自分のものとして定着されれば、どのような場面や分野でも力を発揮できる英語が身につき、様々なチャンスを広げることができるようになっていくに違いありません。
 

MENU

Dolphin English School

0422-24-8848

東京都三鷹市下連雀 3-40-7
エルミタージュ下連雀1F

10:00~21:00

お問い合わせ

PAGE TOP